INDEXダンおにBRIGHT RAiN

|  TOP  |  Info  |  Flash  |  Blog  |  BBS  | Others |  Link  |

BRIGHT RAiN



Normal
★×13


〜作品紹介〜
曲は4分38秒

Normal
(7key)
名無し祭り09 提出作品
7key部門:2位(7作中)  全作品:5位(55作中)

選曲理由は二つ。
単純にこの曲が好きだということ。
あと、ダンおにページにも書いてあるやりたかったこと。
これは14秒の「デーン」って音で加速する譜面を作りたかったということ。
あれは12月だったでしょうか、部活の大会の応援待機中にふと思いつきまして、
その後大会待機中に10回以上リピートして構成を練ってました。

謝らなきゃいけないのは、どこぞで1.08倍速を使ってしまい、
おそらくソースの問題で小数が丸められたのだと思いますが、
その影響で判定位置がずれてしまっています。すいません。つい最近気づきました。


譜面について。
元々この速度変化はいろいろ突っ込まれるだろうなーとは思ってました。
まさにその通りになっていますがw

さて、速度変化について全般的に書いておきたいことがあります。
「Frameの数値は、エディターそのままのところのほうが少ない。」
これが大きいです。
2fほど早めておくと、わずかにしゅんと入っていく感じがして、
普通なら押してからわかる変化を一瞬前に感じ取ることができます。
この2fは結構大きいです。
最近の譜面ではほとんどこの数値をいじってます。

曲を追いつつ書いていくことにします。

7keyの譜面について語るので、矢印はキーに対応させることにします。


まず、この曲を作る前からリズム譜面風味にすることは決めていました。
だって、テクノポップだもの。

0:00〜0:14
 曲のではなを飾る大切な部分です。
 特にこの曲は直後に強い変化があるのでここはとにかく力入れました。
 納得いくまで何回やったかあんまり覚えてませんが、
 ・7秒地点に階段的要素ではなく、KLJという流れにしようかとも思いましたが、
  流れが気持ち悪かったのでやめました。
 ・JKJKJの後にまたJと出来たのは個人的に奇跡の発見。
  細かい音→強拍の音とする場合は、意外と同方向つなげてもいいみたいです。
  さらにこの場合は元々Jが強拍用の矢印に設定していたこともあると思います。


0:14
 いうまでもない「デーン」
 ここだけはだれが何と言おうとも削らない。
 これ、最初は3.5倍速くらいでした。 (今は2.75倍)
 けど、表示がえらいことになるのでなんとか妥協範囲まで下げたつもりです。


0:14〜0:33
 左右に揺れ動く音、刻む音。リズム感が素晴らしかったので、
 ここは左右の手が互い違いに動く譜面になっています。
 所々でフリーズアローであったり、JKLの次でLKJと来るような階段の向き。
 そういうもので揺れ動く音を表現したつもりです。

 ここは抑え目のほうがいい、というご意見がありましたが、個人的には
 この後のフリーズアローでゆっくり突然に、と言った印象を際立たせるためという
 理由が後付けながらできますね。
 もし4分主体になってたとしたら、左右に揺れ動く音は表現できなかったと思います。
 いや、入れることはいくらでもできますがそこだけ浮きますよね。

 あと個人的にKL同時押しをあそこで入れたのは、そこで水のはじけるような音が
 したからです。ここを強調しなかったらただのゆるい階段ですよ。


0:34〜0:38
 ここに注目して下さった方がいて嬉しかったです。
 この速度変化にはかなりのこだわりがありましてね・・・・・。


1-Aメロ@
 最初ここは普通に矢印が入る予定でしたが、後と被るのでやめました。
 そしてこのフリーズアローも終点と矢印は一致していなかったんです。
 だけどもためしに一致させてみたら妙にしっくりきまして。

 一か所フリーズアローで減速します。
 その後が上にも挙げた1.08倍プレイになっています。
 なぜここで1.08とかいう微妙な数字なのか。

 A.先に減速があることで、言われないとわからない人がいる。よって・・・・
   →次の1-AメロAで速度アップしたように感じる。(実際は同じ1.2倍)


1-AメロA (リズム譜面になるところから)
 ここから速度変化増えてきますね。
 そしてここらへんはフリーダム直感配置です。
 基本的に規則的にある伸ばす音はフリーズ。
 その他は旋律に対応させながらリズム譜面。
 ここは何度もプレイして押しやすい配置にしただけです。
 フリーズ中にぽんぽんと入るのは直観です。直感じゃなくて、直観。


1-Bメロ
 わざと密度減らしました。次につなげるため。
 Bメロ抜ける寸前のあの配置は納得いくまで時間がかかった。
 まあしかし、ここはSがなかなか押せないんですよねー。
 「嘆くほどのこと」の速度変化もめっちゃ不評だと思いますが許して。
 ラヴリーさんお得意の音がここで2回も入ってるので、見逃すには惜しかったんです。
 速度変化がないとたぶん全然違った譜面になると思いますが、
 自分の中ではそうなると薄い譜面だと思ってしまう。


1-サビ
 リズム譜面にしたかったんです・・・・・。
 確かにメロディがん無視でした。最後の「意味もなく泣くと」だけは妙にこだわった。
 基本的に音程はちょっと気にした程度で、1-AAと作り方は同じです。
 しかし何度もプレイして次に指のおきやすい場所を選んだつもりです。

 2番サビでも同様ですが、その後のゆっくりゾーンでの感覚も視野に入れてます。
 作り始めて、初めてここでサビの短さに気付きました。
 ホントはもっと長いと思ってて、もっと盛り上げる予定だったんですがw


1-2間奏
 LKJの階段に注目してください。


2-AメロA
 基本的に1番と同じ。
 所々フリーズアロー中の速度変化がいらっしゃいますが、これは
 フリーズという伸びる強調の中でさらにひと押しした感じ でしょうか。
 フリーズを当てているこの音には、ちょっと魅力を感じたので。

 「右も左も意味なく」の歌詞に合わせた譜面になっていることに気付いた方、
 いませんかねw


2-Bメロ
 1番に同じ。
 違うのはおにぎりが入っていることだけ。
 そのおにぎりの影響で1か所フリーズ消してます。


2-サビ
 1番にスタイルだけ同じ。
 よって配置が全然違います。
 フリーズアロー中に8分を打つのか、それとも終点に一個だけか、というのは
 わざとつけた大きな変化です。
 後々、1番と2番で逆にすればよかったと後悔しました。


2-3サビ間奏 (SLT)
 2:34みたいな配置、何回か出てきますが、打ちにくいですよね、これ。
 この譜面で一番気がかりでした。
 実際自分でも2つとも成功は1〜2回だったと思います。

 最後のリズム譜面は、オーソドックスだと思います。


3-サビ
 1と2の融合体を目指して。
 まずリズム譜面成分多め→同時押し多め。
 フリーズアロー中に8分を打つのか、それとも終点に一個だけか→両方います。
 そして最後だからという理由で何となく3個押し使用。
 でもまあ、ここの「意味もなく泣くと」には強い印象を受けたので。


後奏
 感じてください。ここは全力でオススメできます。
 あと「おーねーがーろ」みたいな音でKFJDの配置(D以外フリーズ)があります。
 ここは普通に階段にするかどうか悩んだところです。
 結果、こうなっていますが。理由は「が」で音程がちょっと上がった気がしたから。


全体を通して、サビ→間奏/後奏への入りはスムーズになるようにしています。
速度変化は必ずそうなっているかどうかちょっと記憶ないですが、
矢印に関しては1-サビに書いたように間奏部分も考慮した配置で、
矢印が飛ばない、とか、雰囲気が似た感じ、とかそんな風になっています。
1-2間奏は雰囲気の問題でちょっと当てはまりませんが・・・・・。

全体として譜面構成はそれほど珍しいものではないと思います。
細かいこと言うと書ききれないのでこの辺で。

総矢印数:941 + 70 (1011)  ★×13


制作は番人のみです。





-----寄せられたコメントへの返答-----



しっかりと構成されているように感じました。
ありがとうございます。




配置に偏りが無く、16分が押しやすかったのは良かったです。ただ最後の方、
16分3連が何セットか来るところで、1セットだけ2連になってたのは違和感感じました。
あと、速度変化が不親切です。もう少し見切りやすくして欲しかったです。

やっぱり速度変化ですかー。
ちなみに最後の16分はですね、逆に最後のだけ4連と言った感じだと自分は思ってます。
というのも、もともとあそこは全部4連だったんです。
けれども、それだとあまりに忙しい上に何も面白くなかったんで最後の音を全部消しました。
これが3連になった理由です。
そして最後の4連(指摘では2連)のところでは、次の音とかぶっちゃって4連にせざるを得ないのです。
考えによっては4+0、3+1、2+2 どれでもありだと思いますが、
違和感を感じさせてしまったようなので精進すべきところでしょうね・・・・・。
自分の中でもちょっと気になっていた部分ではありましたが。
ありがとうございました。




ボーカル・・・というかボカロ曲でくるとは予想外
譜面も奇をてらった系でくるかと思ったらそうでもないですね。
16分と8分、4分の混ぜ方が気持ちよかったですねー。
ストップ・速度変化もやりすぎず、センスある感じでよかった。ちょい初見殺し?

速度変化の評価がちょっと意外です。
いやいや、ありがとうございます・・・。
確かにこの譜面は速度変化やら16分階段もどきやら初見さんにはあんまりやさしくないですね。




何だろう、プレイしててイライラした。もの凄く。
その原因は言わずもがな過剰な速度表現にあるわけですが。
あそこまでころころ加減速されるとプレイしてる側は全くテンポを作れないし、
それを5分近くも延々やられるといい加減投げ出したくなっても仕方ない。
譜面の構成自体は悪くなさそうなのにこの一点が評価を大きく引き下げている。
また、1倍速デフォで最大2.75倍となっているが、
これでデフォルト速度部分が度々顔を現すのが性質悪い。
デフォ部分をしっかり見切りたいから速度を上げようとしても、
そうすると最大倍速が壁になってくるためプレイヤーに対して非常に不親切。
構成云々以前に遊んでもらうという視点が決定的に欠けている気が。

2.75倍速部分は14秒地点の一か所だけです。他は1.75倍以下に収まってるかと思います。
この速度変化はただのアクセント(2.75倍中に矢印は0)なので、一回見てしまえばどうってことはないような気はしますが・・・・。
それでもやはりここは、上記のとおり、初見さんにはやさしくないです。
速度変化も一部で1倍速以上の急減少もあるわけでして。





■miさん
曲の表現が上手い譜面でした。
曲の表現なら、この名無し祭りに提出された55作品の中でも
かなり上位に来ると思います。
ダンシング☆おにぎりが、譜面を眺めて優劣を決めるゲームだったら、
私は間違いなく満点を付けていたと思います。
この譜面の一番の問題点、それは速度変化です。
速度変化があまりにも激しすぎてまともに押せない箇所が
一箇所や二箇所ではない、というのは
いささか問題なのでは、と思うのです。
確かに曲の表現は申し分ないですが、
それで押しやすさが犠牲になってしまうと
もったいない、という気分になります。
ただ、この評価をするのは初見での印象もある程度
考慮に入れる必要がある名無し祭りだからであって、
サイトで公開してスコアタをしたり、殿堂入りを設定するには
うってつけの譜面だと思います。

曲の表現(6点満点) :5
プレイした時の楽しさ(5点満点):3
その他の加点減点 :−1

合計得点 :7

そうか、初見の印象かぁ・・・・・。まったく考えてませんでした。
曲表現部分に関して、評価ありがとうございます。ここは自分でも力を入れている部分ですので嬉しい限りです。
速度変化で押せないのはサビ前、後奏前が大半だと思います。
一気に盛り上がる部分で押せないと凹みますもんね。
しかし、速度変化を一部削るとしても、この曲では速度の差を減らすくらいしか自分はできないです・・・・・。
作品が多いという理由で、やりこみ要素っていうのは出しづらいのでしょうかね・・・・。
んー、名無しの新しい課題かなぁ。
参考になります。好意的に受け止めてくださったようでありがとうございます。





・良かったと思った点
打ち筋は非常に良かったです。
同時押しやフリーズアローの打鍵感が良く、その点はいい感じでした。
リズムの取り方や音の選び方も面白い感じに仕上がっていたと思います。
曲の要素をきちんと捉えている印象。
特に間奏部とラストは盛り上がりと収束を上手くコントロールしていたかなと。

・気になった点
とにかく局所的な変速が鬱陶しく感じました。
譜面の形を読み誤らせるような変速は避けたほうがいいと思います。
各フレーズ統一の変速の使い方は良かったと思うのですが、それが目立たないというデメリットも。
それについても、変速に関しては少しの変化でも結構見えるので、もっと緩やかでいいと思います。
最初の密度が高いと思いました。後のことを考えてイントロは全体的に抑え目にするべきだと。
あと所々3つ押しが入ってましたが、この構成ならに必要ないような気もしました。

やはり速度変化・・・・・。もっと緩やかに、ということですねぇ・・・・・。
確かにもう少し早くても大丈夫そうですね。サビの高速地帯一個前の速度変化なんか。
あと、「後のことを考えてイントロは全体的に控えめにするべきだ」とありますが、
「後のこと」とは具体的にどのようなものを指すでしょうか。連絡いただけると嬉しいです。
自分の中では14秒地点の「デーン」でイントロ爆発、そしてAメロまででフリーズを使いつつのびつつ収束、といったイメージなのですが。
ラストの部分は自信持って出したところなので、そこを評価していただけたことが嬉しいです。
ありがとうございました。


↓返信
4/22 23:11
1回目の16分のあとの部分で後方の音を拾うならその前も後方の音を拾うべきかなとか思いました。
イントロっていうか本当に出だしの2小節ですね。
16分については文句ないっていうかむしろ好きです。
でも2小節目の16分拾おうと思ったらこうするしかないですね確かにそう言われたら……かえって中途半端かも。
14秒のぎゅーんとその前のリズム配置を活かすためなら最初は緩めにするのもありかと思ったのですが。
あ、「後」ってのはその部分です。
byイントロがどうこう書いた人

あー、そこですかー・・・・、なるほど。言われてみれば・・・・・、という感じです。
その「後の部分」も最初は普通に矢印入っていたんです。
16分→「テーン」と続くわけですが、このテーンが妙に魅力的で路線変更したというわけです。
2回目16分のJKJKJJの最後のJも同様の考え方です。
中間をとって4分混ぜてみたら変ですかね。直前は8分ですが、音も減っていることですし。
返答ありがとうございました。








■izkdicさん

***主観が混じることをあらかじめご了承ください***

<項目1:四分間隔・ズレ(満点4)>・・・4点
問題なし。

<項目2:譜面と曲との整合性(満点2)>・・・2点
こちらも問題なし。うまく構成されていたと思います。

<項目3:譜面の面白さ・配置の妙(満点10)>・・・8点
全体的に完成度は高い。
特徴的な曲の表現をうまく利用してますし、
1番Aメロのフリーズアローも納得。
・・・なんですが、もうすこし旋律を大事にしてほしい。
サビとかかなり印象的なメロディーなのに・・・

<項目4:配置以外の諸項目(満点4)>・・・1点
1番Aメロに入る直前。あれはうまい。ため息が出た。
ですが、突発減速の印象が悪すぎる。わざわざ使う必要あったのかと。蛇足感でまくり。
突発減速全部なくなってたらここ4点だったかも。それくらい突発減速の必要性疑問視。

<項目5:減点箇所>
3つ同時押しは押せないプレイヤーもいるので使わない方がいいと思います。
プレイヤーに制限つけるのはどうかと思うので減点(-1)。

総計:14(/20)点(全体平均14.02、7key平均16.25)

メロディとリズム感のバランス・・・、確かにあんまり考えてなかったと思います。
確かサビは前半部分は音程の高低をやや含みつつリズム譜面。「はざまに」の「に」など伸びる音はフリーズ。
後半部分は前半よりメロディにやや重きを置いた配置にしたと思います。
うーん・・・・・。テクノポップのジャンル性もあるんでしょうかねぇ・・・・・。
Aメロ直前とは、Aメロ直前の減速のことでしょうか?結構力を入れた部分だったんでうれしいです。
3つ押しに関しては・・・・・、自分の思いと乖離するんですよね・・・・・。
突発原則と聞いて真っ先に思い浮かぶのは後奏直前のフリーズのところですね。あそこ1.75→1.0になるんで、まず急すぎるということになりますね。
あと随所に曲が止まって再出発みたいなところでもかけまくってます。1.75→0.6というのもありました。
自分で見て驚いていたりします・・・・・。
ありがとうございました。




http://www.geocities.jp/kurosu248jen/other/9/09.htm
ここに色々書くと長くなってしまうので、こちらをよければご覧ください。
〜4/26に全作品採点公開予定です。

後に引用させていただきます。



---------------------------------------------------------------------------------------


以下、レビューしてくださった方のサイトから引用です。
何か不都合があれば連絡いただけると嬉しいです。


■はしさん

“並”

目立って良い箇所も悪い箇所もあまり見当たらず
ギリギリ名無し祭りのボーダーライン

◆IR9e.//4p2(BRIGHT RAiN)よく練られた配置なんだろうけど、押していてあまり気持ちのいいものじゃなかった

総評も拝見しましたが、やはり速度変化部分になるのでしょうかね。




■神風 柳さん
*30:◆IR9e.//4p2
Music ≫ BRIGHT RAiN
Difficulty ≫ 7key / Normal 〈 ◆IR9e.//4p2 〉
Rank ≫ X
Speed ≫ 1.2 x ( Setting : 3 x )
BarDrain ≫ Practice
イイ!(・∀・)≫ 790 / マターリ( ´∀`) ≫ 100
ショボーン(´・ω・`) ≫ 7 / ウワァン( `Д´) ≫ 44
MAXCombo ≫ 59
キター!(゚∀゚) ≫ 61 / イクナイ(・A・)≫ 9
FREEZECombo ≫ 33
SCORE ≫ 10173

4点
曲が長い分ある程度の変化をもたせてあってよかったと思います
ただ それしか無いのが この譜面の悪いところかな?

んー、今までの方と結構逆の意見・・・・?いやはや、難しい・・・・・。
なかなか伝わらないものです。



■MFV2さん
*30.◆IR9e.//4p2
BRIGHT RAiN
★★★★★ ★★★★★
これはすげえええ よくぞここまで曲調を速度変化で表現したなと言うか
初見こそ辛いけど慣れれば絶対楽しい譜面
現に初見でも振り回されつつも超楽しめましたし
配置も中々押しやすく考えられていていい感じ これはいい譜面ですね

ありがとうございます!
先ほどのmiさんの意見と同じ面ありと言ったところでしょうか。
この譜面は全体的なプロットを考えたというより、その時の押し加減とか雰囲気重視です。というか、いつもそんなスタイルなんですがね・・・。
だから前の名無しで「何人も合わさって作っているようだ」と言われたわけでして。
その時よりも一歩進化出来てたら、と思います。




■澪漂さん
30.◆IR9e.//4p2

BRIGHT RAiN(投票)

いや〜7keyレベル高いですねぇ……
右手と左手への分配がうまいというか、混ぜ方がうまいというか、
横に広い状態でも、流れが非常に分かりやすかったです。
またリズムのとり方も非常に上手いというか好きというか、曲に合わせつつ上手く埋めてもいる感じで
非常に私好み。 こういうリズム本当にノレます。

作者誰だろ……izkdicさん?

周りとなぜかなかなか関わりを持とうとしないわたくし番人でございます。
投票本当にありがとうございます。
横幅を最大限に使わざるを得ないという感覚で作っていまして、そこがうまくいっていたようで嬉しいです。




■桃月風梨亜さん
[30]◆IR9e.//4p2
10点 ★★★★★★★★★★
構成もしっかりしていて素晴らしい!
長くても飽きさせないという
この考慮がきちんとしているみたいです。

ありがとうございます。
長くても飽きない、変化というのは必須だという信念のもとに作ってみました。
サビのリズム感を際立たせるための急→緩→急の構成、そして変則的な速度変化です。
間奏はそのサビの流れでそのまま入るようにしてあるはず・・・・・です。








大変細かいレビューをいただいたので一つ一つわけてお答えします。
■yukkiさん
No.30、BRIGHT RAiN ◆IR9e.4p2 [-7点]

【プラス点】(8点)
[1点]四分間隔問題なし。

これは±1フレーム判定の自作ソースで確認しましたんで・・・・


[3点]主旋律が基本的に8分のせいか、全体的に主旋律意識のリズム譜面になっていて叩いていて凄く気持ちいい。
というか主旋律に限らず微妙なラインを取りつつ譜面を作っていくのが上手い。
これ出来る人って凄く少ないんですよね。

ありがとうございます。上で伝わらなかったのでちょっと不安でした。
これはある意味7keyに助けられたともいえますが・・・・・。


[2点]おにぎりの使い方が安定しているというかしっかりしていて好印象。
7keyのおにぎりはめっさ打ちにくいんでよほどでないと使わないようにしています。
例として今回の場合、後奏部分で変則的に通常矢印の中へねじ込んでいます。


[2点]曲の盛り上がり盛り下がりがはっきりしていて、足りないところは速度変化で補っていて凄く良いと思った。
   欲を言えばもうちょっと静と動をつけてもよかったかも、曲が長いし。

結構つけたつもりなんですがねー・・・、難しいところです。


【マイナス点】(-15点)
[-1点]初期倍速遅い。矢印同士が重なってるあるいは重なりかけなことが多いことと
7keyに横長という性質があるため、もう少し倍速を上げるべきだと判断しました。
5keyだったらギリギリセーフだったかもしれない。

これは曲との兼ね合いもあってなかなか難しものだと思います。個人的にはこれ以上あまり速くしたくない。
自分なら逆に5keyだとアウトだと思いますね。画面幅に余裕がありませんから、より詰まって見える可能性が。
基本的に1倍速で詰まって見えるのは最初のところのみで、ほかは大丈夫と判断しました。
詰まりがおおいとなると・・・、ちと難しいなぁ・・・・・。


[-1点]3つ同時押しは減点させてもらいます。3つ押しを入れたことにより何かプラス点に項目が増えて
±0あるいはプラスに傾くこともあるのでそういう場合は良いとは思うんですが、
理由が少なそうな3つ押しに見えましたので申し訳ないですが減点。
名無し祭りであるので、なるべくプレイヤーを蹴落とさない親切な配置をしてほしいです。
7keyでも3つ押しは押せない人がいます。

了解です。
ちなみに3個押しの理由、3-サビに関しては上記のとおりです。


[-3点]倍速変化でが全体的によくわからない。なんとなくここでやっとこう という感じしか見えず、
自分には深く考えたようには見えませんでした。凝ってるのはわかるんですが裏目に出てます。

上の譜面説明で書いた通り(1-Bメロ)なのがほとんど。
あと2-Aメロですが、ここはなくてもよかったかもな、と。実際似たような感じの前奏0:12地点は使ってないですし。
他の方のレビューをしているときに気づいたのですが、Bメロ→サビの変わり目でうまくいじれればいいですが、
変にいじったとして、もしその配置がプレイヤーにとって打ちにくい場合は、すごい残念な気分にさせてしまうな、と。


[-3点]ミクの途切れ途切れの声は曲の中で結構特徴的だと思うんですが殆どの場所でそれが表現できてない。
ミクの途切れ途切れの声なんかは32分音符とかの速さなんですが、
あれを5keyで声どおりに置いたら難易度バランスが崩れます。
7keyだと1ボタンに1指ありますので、流すように配置をすればバランスを崩さず表現出来た筈。
2:57前後とかその後とか終盤とかラストとか凄く残念。

SLT部分ですね
ここは妙に自信あったのですが。なのですごく意外で、なかなか受け入れがたい部分です。
ちなみに32分にされると制作者の自分が打てなくなるんで勘弁です。


[-2点]同時押しについて。全体的に使い方がよくわからない。気まぐれに拍頭に置いているようにしか見えない。
そういう作り方をする人だというのはなんとなくわかるけども。

ご指摘の通り、気分的配置が多いです。とにかく曲に乗っているときにここで入るといいかなーといった感じです。
あともう一つの役割として、曲のバロメーター的役割も持たせているのですが。


[-1点]0:06までと0:07から0:10を叩いていて、急に違う音を拾って矢印数が少なくなったので違和感。
統一したほうがよかったかも。

上のほうでもあった意見ですね。
ここはもしかすると矢印が少ないことでJKJKJJがより出るのかとも思い始めております。


[-1点]0:12で、途切れ途切れの音を二回目はフリーズアローとして配置し住み分けしているのに、
一回目はフリーズアローで配置していなくて違和感。
   途切れ途切れのことは既に減点済みなのですが、こっちは一貫性的な意味で減点です。

一回目と二回目で音が違うことを示しています。
二回目のより細かい「テテテテテ」は矢印じゃ表現不可能ですので、それの強調というわけです。
一回目をもしフリーズとするなら二回目の違いはどう表現しましょうか。
制作中は特に何も考えずに、あ、ここフリーズだな、となったわけですが。


[-1点]0:36の音が上がっていくのを表現した配置。
何がどうとか言えないんですけど凄く押してて違和感あったので減点させてもらいます。

うーん。上であった意見とまた違う・・・・・。


[-1点]1:08の無音を叩く上矢印は減点。叩いていて違和感。
ここは音あります。わかりづらいですが。「シュン」というちょっと高めの音に合わせてあると思います。


[-1点]4:03の縦配置ですが叩いてて凄く違和感あったので減点。
何で違和感があるかというと、おそらく矢印がでてくるのが遅いんではないかと。

ご指摘の通りです。実は違和感あったのですが、なんで修正しなかったのかは謎です。自分ながら。


【感想】
何故7keyで名無し祭りに出場したのですか、と問いたい。
7keyの特性を活かした配置が全く見られませんでした。

ただ単にこの曲で作りたくなり、5keyにするとどう考えてもkey数が足りない ということです。
自分の中では前奏0:14〜0:33の揺れ動く音(ここは左右の手が互い違いに動きます)
それと後奏部分なんかは両手を存分に使ったつもりなのです。
あとサビ部分のフリーズ+リズム部分も5keyじゃちょっと厳しいかなと。