パーミッションの設定は一切不要です。
一般的なCGIプログラムであればアップロードするだけで問題なく動作します。

詳しく説明すると、当サーバーのOSであるWindowsにはパーミッションという概念が存在しません。
そのため、パーミッションの設定をFTPソフトから行ってもパーミッション変更のコマンドがないので「変わらない」か「エラー」になります。
しかし、それが正常な反応であり、特にそれで動作に影響が出ることはありません。
つまり、当サーバーではパーミッション設定をせずともCGIは動作しますので設置が楽だといえます。

また、ユーザーによる書き換えや表示禁止などより高度なセキュリティ対策を行いたい場合、
ご自身で、CGIを書き換えれるのであれば、パスワードなどが書かれたみられては困るファイルを
「public_html」フォルダや「cgi-bin」フォルダのある、ルートディレクトリに配置し、相対パスでファイルの場所を
記述すると、セキュリティが向上するかと思います。
それが難しい場合、お問い合わせフォームからご連絡頂ければファイルの権限を読み取り専用などに直接設定いたします。
(くどいようですが、余程特殊なCGIプログラム出ない限り、こういった設定はいりません)

Posted in: CGI/PHP