• パス : /usr/sbin/sendmail
  • パス(CGIにて-fオプションが設定できない場合) : /usr/sbin/sendmail -f送信元メールアドレス
    「送信元メールアドレス」にはeXout.netから付与されたメールアドレス(***@exout.net)を入力する(-fの後にスペースは不要
  • 利用には送信元アドレス(fromヘッダ)がeXout.netから付与されたメールアドレス(***@exout.net)である必要があります。(スパム対策のため)
    -fオプションが設定できないCGIであれば下段のパスで正常に送信できるか確認してみてください。
  • もし、CGIファイルに Sendmailのパスチェックがあって、誤判定が出た場合、パスチェック機能をコメントアウトしてください。
  • 送信元の指定されていないCGIを利用してメールを送信した場合、postmaster@exout.net が送信元になります。
  • スパムメール送信チェックは厳しく行っていきたいと思っています。
    スパムメールが送信されているのを確認次第、アカウントの強制凍結を行います。
  • 利用方法が不明であったり、送信できない場合は助け合い掲示板にて相談してください。

 

Posted in: